最も有効と言われる妊娠線予防法って?

一度出来てしまうとなかなか元に戻すことは困難と言われる妊娠線だからこそ、作らなくしたいですよね。
妊娠線を作らなくする方法は様々ありますが特に有効と言われる妊娠線対策とは一体、何なのでしょうか?
そこで今回は、最も有効と言われる妊娠線予防法についてご紹介したいと思います。

 

最も有効と言われる妊娠線予防法とは?

妊娠中の妊娠線は、赤紫色をしている為、クッキリと目立ってしまいますが出産後は薄く目立たなくなっていきます。
しかし、完全に元に戻るということはありません。また人によっては妊娠中の妊娠線より産後に残った妊娠線の方が気になってしまうことがあります。
そんな厄介な妊娠線だからこそ、妊娠線対策をしっかりと行っていくことが大切です。

 

妊娠線は、妊娠中の急激な体重増加によって、発生します。
比較的伸びやすい表皮に対して、その下にある真皮や皮下組織は伸びにくい為、お腹の急激な成長に対応出来ずに裂けてしまうことで、妊娠線が作られます。
お腹以外にも太腿や二の腕、お尻など脂肪がつきやすい部分であれば、発生する恐れがあります。脂肪が多ければ多い程、皮下組織はより伸びにくくなりますので、妊娠中、急激に太った人は、より妊娠線は出来やすくなるでしょう。

 

体重増加が妊娠線予防の鍵!

ですので、妊娠線の原因の一つである急激な体重増加を起こさないようにすることが何より重要な妊娠線対策となります。
妊娠線は、急激なダイエットによって、生じる肉割れと同じですが妊娠線は、
妊婦本人だけではなく、お腹の赤ちゃんにまで良くない影響が及ぶ恐れがありますので、急激な体重変化を起こさないように特に注意しなければなりません。
なぜなら急激な体重増加によって、産道にも脂肪がついてしまう為、赤ちゃんが通る産道が狭くなって、難産となる恐れがあるからです。
安産を実現する為にも妊娠中の体重増加は8kg~10kgに抑えていきたいですね。

 

妊娠後期(8~10ヶ月)は最も赤ちゃんの成長が著しくなる時期ですので、特に体重増加が起こりやすくなりますので、ヘルシーで栄養バランスに富んだ和食を心がけていきましょう。ですがあまり神経質になる必要はありません。食事制限を徹底することでストレスが溜まり、心身ともに疲れてしまいますので、週に1~2日は、好きな物を食べたりして、リラックスして過ごして行きましょう。しかし、暴飲暴食はNGですよ。
心に余裕を持って過ごしていけば、体重管理は無理なく続けられるでしょう。

 

お腹にさらしを巻くのも有効!

また妊娠線を予防する方法としては、お腹にさらしを巻くと言うのもあります。
現在は、専用のガードルタイプも売られています。
ブラジャーをして、柔らかいバストを固定するようにさらしやガードルで柔らかいお腹を固定することでお腹が急激に大きくなるのを抑える事が出来ますので是非、一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

他にも妊娠線を予防する方法に保湿があります。
お顔が乾燥すると小じわやほうれい線などが目立って来たり、お肌がゴワゴワに固くなってしまうのと同じで、お腹も乾燥すると皮膚が固くなっていく為、妊娠線が生じやすくなります。

 

ですので、お顔に保湿をするようにお腹にも保湿をして、妊娠線を防いでいきましょう。
妊娠線予防クリームは、通常の保湿クリームと比べて、高保湿となっているものが多くありますので、是非、妊娠線予防クリームで、保湿してみてくださいね。

 

このように最も有効な妊娠線対策は数多くありますので、妊娠線を効果的に予防したい方は是非、トライしてみましょう。
太りやすくなる妊娠中の体重管理はなかなか難しいかもしれませんが赤ちゃんが無事に産道を通って生まれて来てくれるようにする為にもしっかり体重管理を行っていきましょう。そして、お顔のスキンケアのついでにお腹にもたっぷりと保湿ケアをしていきましょう。急激なお腹の成長にも対応出来る柔軟性のあるお肌を維持して行けば妊娠線は出来にくくなることでしょう。妊娠中のお腹の面積は大きくなりますので、たっぷりと塗り込む必要がありますので、出来るだけ大容量の妊娠線予防クリームを選びましょう。

関連ページ

ポッチャリ体型は妊娠線が出来やすい!?
妊娠すると避けられないのが妊娠線ですがポッチャリ体型の方が妊娠線を避けるということは特に困難であると言われています。そこで今回は、ポッチャリ体型の人に妊娠線が出来やすい理由についてご紹介したいと思います。
双子、三つ子などの多胎児妊婦は、妊娠線が生じる危険度大!?
妊娠線が出来やすい人の中に双子、或いは三つ子などの多胎児妊娠があります。お腹の中に胎児が一人しかいない妊婦さんと比べると妊娠線が出来る確率はグッと高まると言われています。一体、なぜ、双子、或いは三つ子などの多胎児妊娠の場合、妊娠線がより出来やすくなるのでしょうか?
経産婦は妊娠線が出来やすい!?
妊娠するとほぼ全ての妊婦さんに生じると言われる妊娠線ですが初産婦と比べると経産婦はより妊娠線は出来やすいと言われています。果たしてそれは一体なぜなのでしょうか?
妊娠線が生じる確率って?
赤ちゃんを待ち望んでいた女性にとって、妊娠は非常に喜ばしいことですが一度出来てしまうと完全には消えることはないと言われる妊娠線を考えると少しブルーな気持ちになってしまうという方も多くいるかと思います。そんな厄介な妊娠線は一体、どのくらいの確率で現れるのでしょうか?
妊娠線が出来やすい人って?
待ち望んでいた妊娠はこの上ない喜びですが妊娠したことで、発生してしまう妊娠線のことを考えると少し憂鬱な気持ちになるという方もいるかと思います。しかし、妊娠線は全ての方に出来やすくなるというわけではありません。そこで今回は妊娠線が出来やすい人の特徴についてご紹介したいと思います。
妊娠線ができてしまったらどんなケアが有効なの?
しっかりケアしていてもできてしまうのが妊娠線です。だからといって、妊娠ができてしまったらケアをやめるというのはなしですよ!
妊娠線予防はいつから始めるのが効果的?
妊娠中に気になる体の変化の一つといえば妊娠線があげられます。妊娠線は薄くすることはできますが完全に元通りにするのが難しいため、なるべく防ぎたいものです。マタニティ雑誌でもよく特集されているため、予防として妊娠線クリームなどを使ってみようと考えている人も少なくないでしょう。しかし、妊娠線予防は一体いつから始めればいいのでしょうか。妊娠線予防を効果的なものにするために最適な時期について解説をしていきます。
妊娠腺って産後にできる場合もあるの?
妊娠線について気になる場合は、出産前だけではなく、産後にも気をつける必要があります。なぜなら、出産した後は急激に腹部が小さくなりますので、妊娠線が発症しやすくなるからです。産後のケアも重要ですから、妊娠線を予防するクリームなどを使っていたなら、引き続き腹部に塗る方法が適しています。尚、産後は肌がデリケートな状態になっています。湿疹や腫れなど、異変がないかどうか、こまめにチェックすることが大切です。
妊娠線ができやすい人ってどんな人?
妊娠初期から知っておきたい妊娠線のこと。妊娠線とは急激に大きくなるお腹に皮膚の伸びがついていけずに、皮膚が裂けることでできる断裂跡のことを言います。最もできやすい箇所はお腹ですが、それ以外にも、太もも、お尻、二の腕やバストにもできる人がいます。妊娠線ができやすい人の特徴としては、小柄で痩せている人、妊娠によって急激な体重増加をした人、乾燥肌の人、多胎妊娠の人、2人目以降の経産婦、35歳以上の高齢出産の人などと言われています。
妊娠線が一番できやすい時期っていつ?
女性にとって妊娠線は、赤ちゃんを授かったことに対する勲章です。しかし、肌に発生する大きなひび割れは見た目を大きく損なうので、やはり手段を講じて予防しておきたいものです。一方で、妊娠した女性は自分の外観以上に赤ちゃんのことを気遣ってあげる必要があり、心血の多くを妊娠線予防に割くことはできません。そこで重要になってくるのが、妊娠線ができやすい時期の把握です。その時期に集中的にケアを行うよう心がければ、赤ちゃんの成育を第一としつつも効果的な妊娠線予防を行うことができます。
妊娠線が「できやすい人」と「できにく人」って何が違うの?
妊娠線は全ての人に必ずできるというわけではなく、妊娠線ができる人もいれば、できない人もいます。中には、何人も出産しているベテランママさんでも一度も妊娠線ができないという方もいらっしゃいます。妊娠線ができやすい人とできにくい人の違いは何なのでしょうか?
妊婦さんの約50~60%に妊娠線ができる!?
妊娠線は、大きくはっきり出来てしまう人もいれば、全然できなかったという人もいます。本当に人それぞれです。いったい妊婦さんのどのくらいの方に妊娠線はできてしまうのでしょうか?
経産婦の約80%に妊娠線ができるって本当!?
経産婦には妊娠線が出来やすいと言われています。あるデータによると、初産婦で妊娠線が出来た人の割合は20%~30%だったのに対して、経産婦では約70%~80%の人に妊娠線が出来てしまったとのことです。どうして経産婦には妊娠線が出来やすいのでしょうか?
ちょいぽちゃは妊娠線ができやすいって本当?
ちょいぽちゃさんは妊娠線ができやすいといわれています。実は本当です。ちょいぽちゃさんは普通の人に比べると妊娠線ができやすいといえます。これはどうしてでしょうか?
妊娠線は消えない?妊娠線は作らないことが大切♪
妊娠線を初めて見た時は相当ショックを受けるかもしれません。妊娠線が綺麗になることはあるのでしょうか。おなかが大きく出たビキニや大胆なファッションを再び楽しめる日は来るのでしょうか?
出産後にも妊娠線ってできるの?
出産後に妊娠線ができたという友人がいます。妊娠線のできる仕組みを知っていた私は、「出産してからできるわけないでしょ」と笑ったのですが、どうやらできてしまうケースがあるそうです!
そもそも妊娠線ってどういうメカニズムでできちゃうの?
妊娠するという嬉しい出来事の反面、妊婦さんを悩ませてしまう妊娠線。そもそも、妊娠線がどうしてできるのか、その仕組みをご説明しておきますね。
妊娠線はいつできる?
妊娠線はいつできるのでしょうか?これには個人差がありますが、いつ頃から気をつけていないといけないか等目安についてご紹介しますね!
もし妊娠線ができてしまったらどうすれば?
どんなに頑張ってケアしていても、妊娠線はできてしまう場合があります。では、もし妊娠線ができてしまったらどうすれば良いのでしょう?
臨月に妊娠線ができる妊婦さんがなぜか多い理由とは?
妊娠線のできる時期は人によって違いますが、「臨月に入って妊娠線を発見した!」という方が多いようですね。なぜ、臨月になって、出産まであともう少しというところで妊娠線ができてしまうのでしょうか?
妊娠中にお腹周りにかゆみが?これって何?
妊娠中にお腹周りにかゆみが!っという方は実はたくさんいます。お腹周りがかゆくなる要因にはどのようなものがあるのでしょうか?解説していきます!
妊娠中に気をつけるべき成分って?
妊娠中に気をつけるべき成分はあるのでしょうか?例えば、妊娠線ケアクリームに配合されている成分も気を付けないといけないのでしょうか?
妊娠線って痛い?産後はこの痛み治るのでしょうか?
妊娠線の疑問にすべてお答えします!妊娠線について疑問を解決することはとっても大切です。妊娠線の疑問を解決できれば妊娠線予防はばっちりです!