正中線を消すことはできるのでしょうか?

妊娠中の正中線と妊娠線はまったく違うものです。

結論から言うと、レーザー治療などで消すことはできますが、妊娠線クリームで予防できるものではありません。

 

そもそも、妊娠線とはできる仕組みもできる部分も違います。
正中線は人間には誰にでもあるものです。

 

人間が左右対称に作られているのは、受精卵の分裂が左右対称に行われてきたから、というお話を聞かれたことはありませんか?

 

正中線は、細胞分裂からの名残のラインなのです。

 

もちろん、男性にもあります。
妊娠中にこの正中線がとても目立つようになるのは、新しく出てきたのではなく、メラニン色素が濃くなることによって目立って見えるようになるだけです。

 

正中線は消すことはできないの?

 

妊娠中は、ホルモンバランスが乱れます。

 

ホルモンバランスの乱れによって肌荒れしやすくなったり、シミができやすくなったりします。
体も同じで、いつも使っているケア商品にかぶれてしまったり、わきの下や乳首の周りなどがだんだんと黒く変化してきたりと、目に見える変化が表れます。

 

 

妊娠によって起こった肌の黒ずみは、出産後にホルモンバランスが整った頃自然に消えていきますので心配はいりません。

 

私も正中線、できましたよ。
最初は正中線の部分の体毛だけが濃くなったのかと勘違いしていました。これは大変だと思いました。

 

妊娠線を予防するために毎日マッサージを行っていましたが、正中線も消えるかなと不安になっていました。
先輩ママに聞いたところ、「自然に戻ってたよ」という答えが返ってきましたが、それでもずっと不安でした。

 

消えなかったら、すごく恥ずかしいラインだと思いました。結果、私も綺麗に消えていました
いつ消えたのか、それははっきり覚えていません。

 

出産後は、自分の体のことは二の次で、赤ちゃんのお世話に一生懸命になります。
体の変化に鈍感なので正中線や、肌荒れがいつ元に戻っていったのか分からないままですが、赤ちゃんが1歳の誕生日を迎える頃には消えていたように思います。

 

正中線をできるだけ早く消したい!

 

正中線は、もとに戻るとはいっても、スーッと自然消滅するのではありません。

 

肌の新陳代謝によってメラニン色素が外に追い出され、全部追い出されたときに綺麗に消えてしまうのです。

 

ですから、出産後少しでも早くもとに戻したいと思うなら、肌の新陳代謝を促すために保湿をしっかりすると良いそうです。

 

妊娠線クリームは保湿効果が高いクリームですから、肌の新陳代謝のためにも役に立つクリームです。
そういう点では、正中線と妊娠線、ケアする商品が同じでも問題はなさそうですね。

関連ページ

妊娠線の発生メカニズムを理解しよう!
妊娠出産は人生の中でも最も大きなイベントであり、喜びも大きなものとなります。しかし、その重大さとともに体への負担も大きくなるタイミングでもあるのです。出産前後は特に母体への影響も考えて対応したいところです。特にその後も影響が残りやすいのが妊娠線です。お母さんの勲章とも言われますが、できればきれいなお腹で済ませたいものです。妊娠線の発生メカニズムを知り、どのような対処ができるかという事を考えていきましょう。
妊娠線予防で一番重要なポイントは?
妊娠した時に妊娠線ができるのが嫌という人は多いと思います。見た目がだいぶ変わりますし、何だかかゆそうというイメージを持つ人もいるかもしれません。その上、薄くすることはできても完全に消すのは難しいので、できれば避けたいですよね。そんな妊娠線を防ぐのに重要なポイントは保湿をすることです。妊娠線ができる原因には様々ありますが、そこで今回は、妊娠線予防に保湿が重要な理由と保湿する際のポイントについて紹介していきます。
あの人には妊娠線がない!?妊娠線が出来やすい人の4つの特徴!
妊娠線にも出来やすい人と出来にくい人がいるということをご存じでですか?どのような人に妊娠線は出来やすいのでしょうか?
双子ちゃん・三つ子ちゃんは妊娠線ができる危険度MAX!
双子ちゃん・三つ子ちゃんの妊娠では、おなかにいるのが1人だけの時に比べて、妊娠線が出来る割合が格段にアップします。妊娠線ができる危険度もかなり高くなっていまいます!
正中線も妊娠線クリームで消すことができる?
妊娠線の豆知識やその他あれこれについてお答えしていこうとおもいます!