妊娠線予防クリームとオイルはどっちがおすすめ?

mamanic

妊娠線は出来てしまってからは一生消えないと言っても過言ではありません。

 

そこで妊娠線予防クリームというものがおすすめです。

 

ケアをする事で妊娠線ができるのを防ぐことができますし、自宅で自分で対策できるアイテムです。

 

 

使ったからと言って必ずしも妊娠線が出ないという保証はありませんが、ケアをしてないよりは少なく抑えられるのは確かです。

 

妊娠線予防クリームにはクリーム状のものとオイル状のものがありそれぞれにメリットとデメリットがあるため自分に合うものを使うと良いでしょう。

 

オイル状の妊娠線予防クリームは保湿力抜群?!

 

mamanic

 

妊娠線予防クリームのクリーム状のものより、オイル状のものの方が保湿効果が高いと言えます。
しかし湿り気を補充することはできないため、乾燥しているところに塗っても妊娠線予防にはなりません。

 

お風呂上りなどの肌に潤いがある状態で薄く塗ることで、湿っている肌が乾燥していくのを防ぐことができます。

 

オイルの塗心地は結構ベタベタします。塗ってからもベタベタ感は継続します。そのため塗心地が苦手という人もいます。
また、妊娠中は匂いに敏感になると言われていますが、オイル状の妊娠線予防クリームはオイル独特の匂いが必ずします。
オイルの匂いが苦手な人にはおすすめできません。

 

妊娠線におすすめなのはキャリアオイルというものですが、より皮膚の柔軟性を高めたい人高年齢の人はアーモンドオイルやマカダミアオイルがおすすめです。

 

精油を足して作ることでより効果が高まったり気分のリフレッシュに繋がるということもあります。
他にもたくさんの種類のオイルがあるため匂いなどを嗅ぎながら選ぶのも良いでしょう。

 

クリーム状の妊娠線予防クリームは塗心地抜群?!

 

mamanic

 

クリーム状のものは1番メジャーで市販でもよく置かれているため手に入れやすいと言えます。

 

クリーム状のものは油分と水分を一緒にし、ミルク状にしたものなので、オイルでは補えない湿り気も補充することができますし、保湿力は劣りますが保湿することもできます。

 

塗心地はオイルのようにベタベタするものは少なく、塗ってもサラッとしているため支障がなく使えます。

 

種類が豊富にあるため匂いや塗心地が自分に合うものを選ばなければいけません。
しかし種類がとても多いため選び抜くのが大変という面もありますが、根気よく試してみることで最適なものが見つかるでしょう。

 

オイルよりもダラダラと垂れにくいので、お腹以外のお尻や足など全身に塗りたい人とって、とても塗りやすいと言えます。

 

またクリームやオイルを塗る時マッサージをしながら塗った方が、より妊娠線予防に効果が期待できます。
オイルよりも伸びが良いため、マッサージも力を入れすぎずに気持ちよく行うことができるでしょう。

 

関連ページ

妊娠線クリームどうやって選ぶ?
妊娠線を予防するクリームはたくさんの種類が売られていて、どれを選べばよいのか迷うところです。当然ですが、人の体の状態は個人個人に差があって、あの人に効いたから私にも効く!という万能の商品はありません。では、どのように妊娠線クリームを選べば良いのでしょう?
普通の保湿クリームじゃダメ?妊娠線クリームって何が違うの?
妊娠線の予防は、通常の保湿クリームで代用できるのではないか?とふと思うことはありませんか?通常の保湿クリームもお肌の乾燥を防ぐために使いますよね。妊娠線予防のクリームと普通の保湿クリームでの違いは何でしょうか?
妊娠線予防には「クリーム」VS「オイル」どっちが効果が高い?
妊娠線のケアとしてクリームやオイルなど、様々な商品が市販されています。何を選んだら良いのか分からない方むけに、クリームとオイルではどちらが総合的におすすめなのか、調べてみました。
妊娠線予防クリームで妊娠線を防ごう!
妊娠線は作らないことが大切です!妊娠線の予防には、妊娠線予防クリームで予防するのが一番おすすめです!
妊娠線予防にはオイルよりクリームを選ぶという賢い選択!
妊娠線を防ぐための商品として、妊娠線クリームが一般的ですが、中にはオイルタイプのものやローションタイプのものも販売されています。私個人としてはクリームをお勧めしますが、その理由については後ほど詳しくお話ししますね。
ニベアの青缶で妊娠線予防?効果はあるのでしょうか?
小さい頃から保湿といえば「ニベアの青缶」を使っていました。CMでも目にするように、母がほっぺや体に塗ってくれていました。そんな、保湿力にすぐれたニベアは妊娠線予防にも効果が期待できるのでしょうか?