妊娠線予防クリームは、毎日塗らなきゃダメ?

妊娠線を予防してくれるアイテムとして、人気なのが妊娠線予防クリーム、またはオイルですよね。
しかし、妊娠線予防クリームを毎日、欠かさず塗るということは、意外と大変です。

 

なぜなら妊娠線は、お腹だけに出来ると思われがちですが実はお腹だけではなく、二の腕や太腿、ヒップなど体全体に発生することもありますし、また品質の良い妊娠線予防クリームは高価であることが多いので、「勿体無い」と毎日、使うことに躊躇ってしまいがちになりますので、妊娠線予防クリームを毎日、欠かさず塗るという妊婦さんは意外と少ないと言います。

 

果たして、妊娠線予防クリームは、毎日、欠かさず塗らないとダメなのでしょうか?

 

妊娠線予防クリームは毎日、塗らないとダメ?

妊娠線ケアの方法として、多くの妊婦さんに利用されている妊娠線予防クリームですが妊娠線をしっかりと予防したい場合、お腹だけではなく、妊娠線が出来やすい部分にも塗り込む必要がありますので、毎日の妊娠線ケアは意外と大変だったりしますよね。
しかし、妊娠線ケアは、実は毎日しなくても大丈夫なのです。

 

妊娠線予防クリームやオイルを使う目的は、保湿です。
毎日のお顔のスキンケアは大切ですよね。
「お顔のスキンケアだけは忘れない!」と言う方は、多くいるかと思いますが実際は、
会社の飲み会や合コン、女子会などで、夜遅くまでお酒を飲んでしまい、ついうっかりお顔のスキンケアを忘れてしまうということも多くあるかと思います。
また仕事で疲労し切る日もあります。
そのような日は、シートタイプのメイク落としでメイクだけ落とす、最悪、メイクしたまま寝てしまうことがあります。
他にも保湿クリームが切れて、保湿が出来ないということもあります。
しかし、1日スキンケアを怠ったからと言って、すぐにお肌トラブルが生じてしまうというわけではありません。
ですので、翌日にしっかりとケアをすればOKです。
ただし、さすがにスキンケアを怠りすぎると乾燥、くすみ、肌荒れなどのお肌トラブルが生じやすくなりますので注意しましょう。

 

妊娠線ケアは継続が大切

お顔のスキンケアと同じように妊娠線ケアも1日~2日怠ったとしても次からはしっかりとケアをすればOKです。
妊婦さんの場合、身体的にも精神的にも疲れてしまいやすくなりますので、毎日、妊娠線ケアを行うことは難しいですよね。
毎日、しっかりとケアしなきゃと思えば思う程、それがストレスとなって、母体だけではなく、お腹の赤ちゃんにも良くない影響が及ぶ事がありますので、それ程、神経質になる必要はありません。1週間ケアをしないことは良くありませんが1日、2日はケアをお休みしたって大丈夫ですので、無理しないように妊娠線ケアを行っていきましょう。

 

しかし、妊娠9か月以降になるとお腹は急激に大きくなっていきますので、この時期を迎えた妊婦さんは、なるべく毎日、妊娠線予防クリームを塗り込んでいきましょう。
妊娠線が出来やすい時期にたった1日妊娠線ケアを怠っただけで妊娠線が出来てしまったというママさんもいますので、注意しましょう。
あの日、しっかりと塗り込んでいれば、出来なかったのに・・・。と後で後悔しない為にも妊娠後期の8ヶ月~臨月の10ヶ月までは毎日、欠かさず妊娠線予防クリームを塗って行きたいですね。

 

無理は禁物!体調優先で考えて!

このように妊娠線予防クリームは必ずしも毎日、塗らなければならないというものではありません。ケアする事が難しい日は、ケアをお休みしてもOKです。
しかし、翌日にはその分、しっかりと妊娠線予防クリームを塗っていきましょう。
臨月前になるとお腹はより大きくなって塗るのに一苦労しますので、旦那さんに塗って貰うのをオススメします。
妊娠線予防クリームの塗り忘れを防止する為に朝、着替えをする際や入浴し終えた際などに塗るなどを習慣化していきましょう。

 

冬は、クリームが冷えることで、お腹が張りやすくなりますので一度、クリームを手に乗せて、温めてから塗ることをオススメします。

 

入浴後は体全体がポカポカと温かくなっていますので、妊娠線ケアを行うにはベストタイミングですよね。妊娠線予防クリーム、またはオイルでお腹をマッサージしながら塗れば赤ちゃんの胎動がダイレクトに感じる事も出来ますので、一石二鳥ですよ。
ケアが楽しくなれば、毎日、続けやすくなるかと思います。

 

ただし、臨月近くになると、お腹をマッサージすることでお腹が張りやすくなりますので、マッサージは控えると良いでしょう。

関連ページ

妊娠線クリームはいつから使うと良いの?
妊娠すると気になることの一つに妊娠線がありますよね。一度できてしまうと完全に消すことは難しいため、なるべく避けたいものです。妊娠線クリームには皮膚の柔軟性を上げて弾力のある状態にしてくれたり、皮膚の乾燥を防いでくれたりする働きがあるので、是非取り入れたいものです。でも、いつから塗り始めればいいのかわからないという方もいるでしょう。そこで、いつから妊娠線クリームを使い始めればいいのか解説していきます。
妊娠線クリームはお腹以外に使っても大丈夫?
妊娠線というと、お腹に出来てしまうイメージがありますが、実はバストや太ももなどに妊娠線ができる人も多いのです。妊娠線クリームをお腹以外に使っても大丈夫なのでしょうか?
妊娠線予防クリームとオイル併用が最強!?
妊娠線の予防には、クリームとオイルどっちがいいの?っと疑問に思う方が多くいらっしゃいます。クリームとオイルを併用するのが最強という意見もありますが、真実はどうなのでしょう?
妊娠線クリームの効果を最大限に引き出す方法って?
妊娠線クリームを使う目的は、伸びている肌に潤いを与えて柔らかい状態を保ち、妊娠線を防ぐことですね。そのためにお金を出して買うわけですから、買って、ただ塗っているだけではもったいないです。せっかく買った妊娠線クリームの効果を目一杯引きだしてあげて、妊娠線をしっかりと防いでいきましょうね。
妊娠線クリームを塗るタイミングっていつ?
妊娠線クリームはいつ塗っても同じ?より効果的な妊娠線クリームを塗るタイミングについてご紹介します!