妊娠線予防に一番重要なことって何でしょう?

妊娠線予防に一番重要こと、それは、ずばり「保湿」です。

 

保湿をすることで、妊娠線の原因となる真皮の断裂を防げる可能性が高まると言われているからです。

 

妊娠線は真皮と呼ばれる皮膚の奥の組織が断裂することで起こります。断裂した真皮は何もしなければ元に戻ることはなく、妊娠線は多少白くはなるものの、妊娠線としてはっきりと体の表面に残ってしまうやっかいな存在です。

 

真皮の断裂を防ぐためには、真皮を柔軟にしてあげることが大切です。表面の皮膚ほど、横に伸びる力のない真皮は、少しのサイズアップでも裂けやすいそうで、妊娠している人に限らず、誰にでも起こる可能性があるものです。

 

そして、れっきとした皮膚の病気です。病気といっても、薬を飲んで治るものではなく、現在のところ、美容外科や美容皮膚科で行われるレーザーや炭酸ガス注入による治療だけが、はっきりと効果の表れる治療法となっています。

 

妊娠線はどうやって保湿するのが効果的?

さて、妊娠線を予防するには、専用のクリームを使ってお風呂上りにしっかりとマッサージをすることが大切です。

 

通常の保湿クリームでも保湿効果は期待できますが、妊娠線予防のクリームには、真皮に潤いを届ける成分が豊富に含まれているので、妊娠線予防のためには専用のクリームを使った方が良いでしょう。

 

私もつわりが治まった頃から専用のクリームを使ってマッサージを続けました。妊娠線を防ぐためのケアは早ければ早い方が良いと言われますが、妊娠初期にはマッサージをするというよりも、ただ塗るだけで良いと思います。

 

お腹の触りすぎって怖いですよね?

あまり一生懸命にお腹を触るのは怖い気がしますし、毎日時間をかけてマッサージをすることがストレスになってはいけません。また、妊娠後期は、ちょっとしたことでお腹が張ってきます。マッサージでお腹を触ることでハリを感じたら、すぐにマッサージをやめてください。妊娠後期のお腹のハリを甘く見てはいけません。早産や破水の原因になることもあるので、無理のない範囲で体に聞きながらマッサージをしていくようにしましょうね。

 

朝も妊娠線クリームでマッサージを行うと良いそうです。睡眠中にかいた汗によって、朝起きた時の私たちの体はとても乾燥しているそうです。朝の着替えをするタイミングでマッサージを行うことで、寝ている間に蒸発してしまった潤いを再び真皮に届けることができます。

 

朝は忙しくてマッサージをする時間がないという人は、クリームを塗るだけでもいいので毎日続けてみてください。日中も乾燥を感じたら、お腹だけでなく太ももや二の腕、バストなど妊娠線ができやすい部分にクリームを塗り足せばさらなる効果が期待できるのでおすすめです。

 

関連ページ

妊娠線予防はいつからがベスト?
一度出来てしまうと完全には消えないと言われている妊娠線だからこそ、妊娠線を作らせなくすることが大切です。妊娠線予防は、早ければ早い程、良いと言われています。しかし、具体的に一体いつから妊娠線予防をスタートさせるのがベストなのでしょうか?
妊娠線ケアの方法って?
妊娠するとお腹の赤ちゃんが成長するに伴い、お腹は大きくなっていきます。特に臨月を迎えるとお腹は急激に大きくなりますので、妊娠線は出来やすくなります。一度出来てしまうと完全には戻らないと言われる妊娠線は非常に厄介です。だからこそ、妊娠線を作らせなくすることが大切となります。そこで今回は、妊娠線をケアする方法についてご紹介したいと思います。
かゆみが出たら妊娠線の前兆かも!?
妊婦さんのお腹が大きくなると、皮膚が引っ張られて伸びてしまうので、妊娠線が出来てしまうことがあります。たとえまだ出来ていなくても、かゆみを感じることがあれば、それが前兆の可能性があるので気を付けましょう。かゆみがひどくなると、つい掻きむしりたくなってしまいますが、肌の状態が悪くなるので、妊娠線防止のためにもクリームを塗ってケアすることをおすすめします。妊娠線の前兆ともいえるかゆみを感じたときは妊娠線予防クリームを使えば対策出来ます。
妊娠線ケアには体重管理が超重要!
妊娠線ケアにいちばん大切なのは体重管理だと言われていますが、どうしてでしょうか?妊娠線と体重管理の関係について解説していきます!
妊娠線ケアの種類をご紹介!
妊娠線は出来る人と出来ない人がいます。出産後も妊娠線は長く残って目立ってしまいます。できれば妊娠線はできない方が良いですよね。妊娠線予防のケアを怠らなければ、ある程度は予防できるものです。また、妊娠線予防のケアを頑張っていると、もし妊娠線が出来てしまったとしてもあまり重症化はしないと言われています。妊娠線のケアの種類を幾つかご紹介します。
妊娠線ケアって毎日しないとダメなの?
妊娠線ケアとして妊娠線予防クリームをおなかにぬるのは、毎日では結構面倒だったりしますよね。妊娠線ケアって毎日しないとダメなのでしょうか?
妊娠線の予防は早ければ早いほど良い!
一般的に、妊娠線の予防は早ければ早いほど良い!と言われています。早ければ早いほどって、一体いつ?ということですが、妊娠発覚してすぐ!はちょっと早すぎかなと思います。では、いつから始めれば良いのでしょう?
もう妊娠線は怖くない!?妊娠線の予防法3原則!
今回は、妊娠線の予防方法についてご説明します。妊娠線は妊娠中の急激な体重変化によりお腹や太ももなどの皮膚が急激に引っ張られて裂けてしまうために出来るものです。妊娠線ができてしまうと、しばらくは目立って、その痕はずっと残ってしまいます。できるならば、妊娠線は作らないようにしたいですね。妊娠線を予防するための対策にはどのようなことがあるのでしょうか?
妊娠線予防のためのマッサージ方法♪
妊娠線クリームをただ塗るだけでなく、マッサージをしながら塗っていくと妊娠線の予防効果が高いといわれています。私もインターネットで調べてマッサージしながら塗っていました。あなたにもこの機会にマッサージの方法をお伝えしたいと思います!
妊娠線に効果的!?バイオイルってどんなオイル!?
バイオイルは万能全身オイルとして有名なオイルですね。ピュアセリンオイルという独自のオイルが栄養成分をしっかり包み込んで、角質層の奥まで届けるという独自のシステムで傷やニキビ跡、妊娠線などに効果を発揮してくれます。
妊娠線予防にはクリームとオイルどっちがおすすめ?
クリームとオイルはどっちがいいかと悩む方も多いでしょう。心配な方は両方併用してもかまいません。どちらかをどうしても選択というのであればクリームがおすすめですね。浸透力や保湿力、妊娠線の修復などバランスのいいのがクリームです。