妊娠線予防で一番重要なポイントは?

mamanic

妊娠した時に妊娠線ができるのが嫌という人は多いと思います。

見た目がだいぶ変わりますし、何だかかゆそうというイメージを持つ人もいるかもしれません。
その上、薄くすることはできても完全に消すのは難しいので、できれば避けたいですよね。

 

そんな妊娠線を防ぐのに重要なポイントは保湿をすることです。

 

妊娠線ができる原因には様々ありますが、そこで今回は、妊娠線予防に保湿が重要な理由と保湿する際のポイントについて紹介していきます。

 

乾燥すると妊娠線ができやすくなる?

 

妊娠線予防には様々な方法がありますよね。
体重コントロール妊娠線予防のガードルなど聞いたあるという方もいるでしょう。

 

しかし体重などに関係なく、誰もが効果的に行える方法は保湿です。
なぜなら妊娠線ができるメカニズムと乾燥には密接な関係があるからです。

 

妊娠線はお腹が大きくなる時に皮膚が急激に伸ばされ、奥の真皮や皮下組織が伸びについていけずに亀裂ができることで作られます。

 

mamanic

 

その時に皮膚の奥まで潤っていて柔軟性や弾力性が高ければ亀裂を抑えることができますが、乾燥した皮膚は柔軟性が低く伸びにくいので亀裂ができやすいのです。

 

そのため乾燥肌だったり乾燥しやすい時期に妊娠中期だったりすると、他の人よりも妊娠線ができやすくなるので、より保湿が必要となります。

 

また、妊娠中はコルチコステロイドというホルモンの影響で新陳代謝が悪化し、乾燥しやすく肌の柔軟性や弾力性が低くなってしまうので乾燥肌以外の方も保湿が重要です。

 

クリームやオイルで保湿すると柔軟性のある肌に!

 

では具体的にどのような保湿を行えばいいでしょうか。

 

肌の外側から保湿してあげることで、皮膚の柔軟性や弾力性を高めることが可能です。
一般的には保湿クリームオイル妊娠線予防クリームなどを使用することになります。

 

妊娠線予防クリームは1日2回など、用法が定められていることがあります。
乾燥しやすいタイミングの一つにお風呂上りがあげられるので、1回はお風呂上りに使用するといいでしょう。

 

mamanic

 

気を付けてほしいのが、お風呂上りに水滴が体に残っていると、水滴が蒸発するのと同時に皮膚の水分も一緒に蒸発してしまい、余計に乾燥させてしまうことです。
そのため、よく拭いてから保湿を行います。

 

クリームを塗るときには、軽くマッサージをするように塗ることで、血行が良くなり新陳代謝が高まるでしょう。お腹をマッサージするときは、胎内への刺激が強すぎないように、優しくすることがポイントです。

 

妊娠線予防に重要な保湿ですが、毎日続けないと予防ができません
面倒でも毎日忘れずに行うことで、妊娠線を抑えることが可能になるでしょう。

 

関連ページ

妊娠線の発生メカニズムを理解しよう!
妊娠出産は人生の中でも最も大きなイベントであり、喜びも大きなものとなります。しかし、その重大さとともに体への負担も大きくなるタイミングでもあるのです。出産前後は特に母体への影響も考えて対応したいところです。特にその後も影響が残りやすいのが妊娠線です。お母さんの勲章とも言われますが、できればきれいなお腹で済ませたいものです。妊娠線の発生メカニズムを知り、どのような対処ができるかという事を考えていきましょう。
あの人には妊娠線がない!?妊娠線が出来やすい人の4つの特徴!
妊娠線にも出来やすい人と出来にくい人がいるということをご存じでですか?どのような人に妊娠線は出来やすいのでしょうか?
双子ちゃん・三つ子ちゃんは妊娠線ができる危険度MAX!
双子ちゃん・三つ子ちゃんの妊娠では、おなかにいるのが1人だけの時に比べて、妊娠線が出来る割合が格段にアップします。妊娠線ができる危険度もかなり高くなっていまいます!
正中線も妊娠線クリームで消すことができる?
妊娠線の豆知識やその他あれこれについてお答えしていこうとおもいます!
正中線を消すことはできるのでしょうか?
正中線と妊娠線を同じようなものと考えている方がかなり多いのですが、正中線と妊娠線は全く違います。では、正中線は消すことはできないのでしょうか?