妊娠線対策記事一覧

一度出来たら完全には消えないと言われている妊娠線はとにかく作らせない事が重要です。数ある妊娠線対策の中で、最も重要であると言われているのが体重管理です。しかし、それは一体なぜなのでしょうか?そこで今回は、妊娠線対策に必須と言われる体重管理について、ご紹介したいと思います。妊娠線予防には体重管理が重要!皮膚の表面は伸びやすいですが皮膚の下にある真皮や皮下組織はあまり伸びません。その為、お腹が急激に成...

出産に伴って妊娠線ができてしまって悩んでいる人は、かなり多くいらっしゃいます。一度できてしまった妊娠線消すことは難しいですが、ケア次第では限りなく薄くすることは可能なのです。大きくなるお腹に対して皮膚が伸びていくのですが、皮膚の伸びが追い付かなくて妊娠線が現れてしまいます。ここでこまめに保湿ケアを行っていると妊娠線の予防になりますが、予想以上に赤ちゃんが大きく成長したために、ケアを行っていたにもか...

妊娠線ができたらケアをしましょう!妊娠線ができたらしっかりとケアしてください。妊娠線前兆を感じているのにも関らず、何もケアしなかったため、妊娠線ショックを受けた方もいるでしょう。皮膚に効果的なケアは、肌への水分の補給と、その水分が蒸発しないように上から膜を作ることです。この2つに注意してケアすれば悩みを解消することができます。肌への水分補給で効果的なのは化粧水を使うことです。浸透率の高い化粧水を使...

妊娠線はママの勲章、ママが頑張った証拠と言う人は今でもいます。確かに妊娠しなければ妊娠線はできませんから、ママが頑張ってつわりを乗り越え、重たいおなかを抱えながら生活し、陣痛に耐えて赤ちゃんを産んだ証と言えばそうです。ですが妊娠線はいまや予防することができる時代ですから、産後もおしゃれを楽しみたい、ビキニを着たいなどお腹が出る機会がある妊婦さんは妊娠初期の段階から妊娠線予防をするといいでしょう。妊...

一度できてしまった妊娠線を消す方法は、レーザー治療や炭酸ガスの注入など、美容外科で行う手術しかありません。妊娠線は、医学的には「線状皮膚委縮症」とか「皮膚伸展線条」と呼ばれるれっきとした皮膚の病気です。妊娠だけでなく、急激にサイズアップした部分などにできることもあり、こちらは一般的に「肉割れ」と呼ばれていますが、妊娠線とできる仕組みや原因は全く同じものです。妊娠線の原因は体のサイズの変化妊娠したり...

妊娠線は出産後も自然に消えることはありません。どうしても気になって絶対に消したい!という場合には、美容外科に行ってレーザー治療や炭酸ガス注入などの保険適用外の治療を受けることになります。病気の治療であればレーザーを使った治療でも保険適用になります。しかし、妊娠線を消したいという「見た目」を変えたいという治療は保険の適用範囲外になってしまいます。病院によって金額に差があるのは、病院が自由に診療費を設...