妊娠線対策には体重管理が重要!?

一度出来たら完全には消えないと言われている妊娠線はとにかく作らせない事が重要です。

 

数ある妊娠線対策の中で、最も重要であると言われているのが体重管理です。

 

しかし、それは一体なぜなのでしょうか?そこで今回は、妊娠線対策に必須と言われる体重管理について、ご紹介したいと思います。

 

妊娠線予防には体重管理が重要!

皮膚の表面は伸びやすいですが皮膚の下にある真皮や皮下組織はあまり伸びません。

 

その為、お腹が急激に成長すると皮膚の下にある真皮や皮下組織は、その大きさのスピードについていけなくなることで、破裂します。結果、皮膚表面に赤紫色のミミズ状の亀裂が生じます。これが妊娠線です。

 

体重の増加が8kg以下であった妊婦さんの場合、妊娠線があまり発生しなかったというデータがあります。
お腹の脂肪の増加があまりないので、伸びにくい真皮や皮下組織であっても十分、お腹の成長のスピードに対応出来る為であると考えられています。

 

しかし、妊娠線が出来にくくなるからと言って、体重が増えないように妊娠中に過度なダイエットを行うのは良くありません。
妊娠すると体重の増加に驚く事がありますが赤ちゃんと子宮、羊水、胎盤などの重さも含まれた上の体重となっていますので、必ずしも体重が急激に増加した=皮下脂肪が増えたということではありませんので、過度に妊娠線が出来るかもしれないと心配する必要はありません。
赤ちゃんの健康な発育の為には、しっかりと栄養バランスに富んだ食事を摂り続けるという事は忘れてはいけません。

 

妊娠中のベストな体重増加は?

妊娠中、ベストな体重増加は、8kg~10kgです。

 

そして、最も重要なのが体重増加のスピードです。妊娠線を予防するには、体重の増加がゆっくりであることが重要です。お腹が急激に成長することで、皮膚の下にある真皮や皮下組織がそのスピードについていけなくなることで、妊娠線が生じていきますので、急に太らないように注意しましょう。

 

お腹の成長がゆっくりになると、伸びにくい真皮や皮下組織であっても柔軟に伸びてくれるようになりますので、妊娠線は出来にくくなります。
一週間、およそ500g以下の体重増加となれば妊娠線が発生する確率は少なくなります。
実際、妊娠後、10kg以上の体重増加となったけど妊娠線は出来なかったという人もいます。この場合、体重増加が緩やかであったと考えられます。
ですので、急激に体重増加を起こさない為に体重管理を怠らないようにする事が妊娠線を予防する上では非常に大切です。
特に出産予定日が迫っている臨月は、お腹の成長はより著しくなりますので、体重増加が避けられません。急激な体重増加が起こりやすくなりますので、注意しましょう。
実際、臨月に妊娠線が出来てしまったという妊婦さんは数多くいます。
ですので、特に臨月には体重管理は徹底して行っていきましょう。

 

妊娠線対策で最も重要なのは体重管理!

このように妊娠線対策を行う上で最も大切なのが体重管理です。
体重増加がゆっくりであれば、お腹の皮膚の伸びもゆっくりとなってくれる為、妊娠線は出来にくくなりますので、妊娠中は、ゆったりとした気持ちを持って、ゆっくりとお腹の赤ちゃんを育てていきましょう。
塩分の摂り過ぎは、体重増加だけではなく、浮腫みを発生させてしまいますので、毎日の食事の塩分量をしっかりとコントロールすることも大切です。

 

妊婦健診は、1ヶ月に一回、或いは2週間に一回ある場合がありますがその際に体重増加のチェックをして貰うことをオススメします。
そして、何より妊娠線予防クリームなどでしっかりと妊娠線ケアを行っていきましょう。

関連ページ

保湿により妊娠線を薄くする方法!
できてしまった妊娠線は、完全に消すことはできません。でも、毎日の地道なケアで薄くすることはできるのです!妊娠線を薄くするには保湿が一番大切です!
できた妊娠線はしっかりケア!
妊娠線ができてしまったと、諦めて妊娠線ケアをやめてしまう方が多くいらっしゃいます。これはもったいないですからね!できてしまった妊娠線ケアについてご紹介します!
妊娠線はママとして頑張った証!
妊娠線ができてしまってかなり落ち込んでいました!でも妊娠線はママとして頑張った証と思うようにしたら、だいぶ気がラクになりました!
できてしまった妊娠線は消せる?どうすれば良いのでしょう?
一度できてしまった妊娠線。消すことはできるのでしょうか?できてしまった妊娠線ケアについて解説していきますね!
レーザーで妊娠線は消える?
妊娠線は出産後も自然に消えることはありません。どうしても気になって絶対に消したい!という場合には、レーザー治療を行うことで、妊娠線を消すことはできるのでしょうか?