妊娠線Q&A記事一覧

一度出来てしまうとなかなか元に戻すことは困難と言われる妊娠線だからこそ、作らなくしたいですよね。妊娠線を作らなくする方法は様々ありますが特に有効と言われる妊娠線対策とは一体、何なのでしょうか?そこで今回は、最も有効と言われる妊娠線予防法についてご紹介したいと思います。最も有効と言われる妊娠線予防法とは?妊娠中の妊娠線は、赤紫色をしている為、クッキリと目立ってしまいますが出産後は薄く目立たなくなって...

妊娠すると避けられないのが妊娠線ですがポッチャリ体型の方が妊娠線を避けるということは特に困難であると言われています。そこで今回は、ポッチャリ体型の人に妊娠線が出来やすい理由についてご紹介したいと思います。ポッチャリ体型の人に妊娠線が出来やすい理由とは?スリム体型の妊婦さんに比べて、ポッチャリ体型の妊婦さんは、妊娠線が出来やすいという噂がありますがこれは紛れも無い事実です。なぜならポッチャリ体型の方...

妊娠線が出来やすい人の中に双子、或いは三つ子などの多胎児妊娠があります。お腹の中に胎児が一人しかいない妊婦さんと比べると妊娠線が出来る確率はグッと高まると言われています。一体、なぜ、双子、或いは三つ子などの多胎児妊娠の場合、妊娠線がより出来やすくなるのでしょうか?多胎児妊娠は、妊娠線が生じる危険度MAX!?双子や三つ子をお腹に宿した多胎児妊娠の場合、胎児が1人しかいない単胎と比べるとお腹は通常の2...

妊娠するとほぼ全ての妊婦さんに生じると言われる妊娠線ですが初産婦と比べると経産婦はより妊娠線は出来やすいと言われています。果たしてそれは一体なぜなのでしょうか?経産婦は、妊娠線が出来やすい!?あるデータによりますと妊娠線が出来た初産婦は20%~30%であるのに対して、妊娠線が出来た経産婦は、70%~80%であったと言います。このことから経産婦は、より妊娠線が出来やすいと言われています。なぜ、経産婦...

赤ちゃんを待ち望んでいた女性にとって、妊娠は非常に喜ばしいことですが一度出来てしまうと完全には消えることはないと言われる妊娠線を考えると少しブルーな気持ちになってしまうという方も多くいるかと思います。そんな厄介な妊娠線は一体、どのくらいの確率で現れるのでしょうか?妊娠線のできる確率とは?実際、妊娠線は、はっきりと出てしまう方、それ程、出て来ない方に分かれる事が多いと言われています。本当に個人差が大...

待ち望んでいた妊娠はこの上ない喜びですが妊娠したことで、発生してしまう妊娠線のことを考えると少し憂鬱な気持ちになるという方もいるかと思います。しかし、妊娠線は全ての方に出来やすくなるというわけではありません。そこで今回は妊娠線が出来やすい人の特徴についてご紹介したいと思います。妊娠線が出来やすい人の特徴とは?妊娠線は、お腹にいる赤ちゃんの急激な成長によって、お腹が急激に膨らむことで、皮膚の下にある...

妊娠線ができたらどういうケアがいいのでしょう?妊娠線の原因は、妊娠によって急にお腹の皮膚が伸びてしまうことで起こるものです。皮膚は表皮と真皮、皮下組織の三層に分かれています。この中で最も伸びやすいのが表皮で、皮下組織と真皮は伸びにくいものです。そのため、それらが断裂することによって起こるのが妊娠線の原因です。妊娠線はいろんなところにできる!?一度妊娠線ができたら、なかなか治りにくいものだとよく言わ...

妊娠中に気になる体の変化の一つといえば妊娠線があげられます。妊娠線は薄くすることはできますが完全に元通りにするのが難しいため、なるべく防ぎたいものです。マタニティ雑誌でもよく特集されているため、予防として妊娠線クリームなどを使ってみようと考えている人も少なくないでしょう。しかし、妊娠線予防は一体いつから始めればいいのでしょうか。妊娠線予防を効果的なものにするために最適な時期について解説をしていきま...

妊娠線について気になる場合は、出産前だけではなく、産後にも気をつける必要があります。なぜなら、出産した後は急激に腹部が小さくなりますので、妊娠線が発症しやすくなるからです。産後のケアも重要ですから、妊娠線を予防するクリームなどを使っていたなら、引き続き腹部に塗る方法が適しています。尚、産後は肌がデリケートな状態になっています。湿疹や腫れなど、異変がないかどうか、こまめにチェックすることが大切です。...

妊娠初期から知っておきたい妊娠線のこと。妊娠線とは急激に大きくなるお腹に皮膚の伸びがついていけずに、皮膚が裂けることでできる断裂跡のことを言います。最もできやすい箇所はお腹ですが、それ以外にも、太もも、お尻、二の腕やバストにもできる人がいます。妊娠線ができやすい人の特徴としては、小柄で痩せている人、妊娠によって急激な体重増加をした人、乾燥肌の人、多胎妊娠の人、2人目以降の経産婦、35歳以上の高齢出...

女性にとって妊娠線は、赤ちゃんを授かったことに対する勲章です。しかし、肌に発生する大きなひび割れは見た目を大きく損なうので、やはり手段を講じて予防しておきたいものです。一方で、妊娠した女性は自分の外観以上に赤ちゃんのことを気遣ってあげる必要があり、心血の多くを妊娠線予防に割くことはできません。そこで重要になってくるのが、妊娠線ができやすい時期の把握です。その時期に集中的にケアを行うよう心がければ、...

妊娠線は全ての人に必ずできるというわけではなく、妊娠線ができる人もいれば、できない人もいます。中には、何人も出産しているベテランママさんでも一度も妊娠線ができないという方もいらっしゃいます。妊娠線ができやすい人とできにくい人の違いは何なのでしょうか?妊娠線の原因は?妊娠線ができる主な原因は、お腹が急激に大きくなることにお腹の皮膚が追い付かず、亀裂ができてしまうことです。皮膚のいちばん表面の表皮は比...

妊娠線は、大きくはっきり出来てしまう人もいれば、全然できなかったという人もいます。本当に人それぞれです。いったい妊婦さんのどのくらいの方に妊娠線はできてしまうのでしょうか?あるデータによると、第一子の妊婦さんでは全体の約20%から30%で妊娠線ができたということです。また、第二子以降の妊婦さんでは、全体の約70%~80%で妊娠線ができたというデータがあります。全体としては1回の妊娠において、妊婦さ...

経産婦には妊娠線が出来やすいと言われています。あるデータによると、初産婦で妊娠線が出来た人の割合は20%~30%だったのに対して、経産婦では約70%~80%の人に妊娠線が出来てしまったとのことです。どうして経産婦には妊娠線が出来やすいのでしょうか?経産婦の子宮は大きくなりやすいまず挙げられる理由として、経産婦の子宮は、以前に大きくなった時のことを覚えているということがあげられます。1人目の時に一度...

ちょいぽちゃさんは妊娠線ができやすいといわれています。実は本当です。ちょいぽちゃさんは普通の人に比べると妊娠線ができやすいといえます。これはどうしてでしょうか。妊娠線のメカニズムをおさらい赤ちゃんが急激に大きくなるとお腹もぐんぐん大きくなり、お腹の皮膚がお腹の成長スピードに追い付かずに亀裂が生じてしまうことが妊娠線の原因です。このとき、皮膚の一番上の表皮はまだ比較的伸びやすいため、表皮が裂けること...

妊娠線は、できた直後は赤紫のミミズ腫れのような形状をしています。手術後の縫合された部分といったら分かりやすいでしょうか。妊娠線は多くが妊娠36週に入って出産直前の時に出来るので、産んだ直後に妊娠線を見つけたときは大変目立つ傷痕のような状態になっています。妊娠時はおなかが大きくなっていて鏡できちんと確認することが難しいので、妊娠線ができてしまっていることに気が付かない人もいます。産後になって、鏡に自...

出産後に妊娠線ができたという友人がいます。妊娠線のできる仕組みを知っていた私は、「出産してからできるわけないでしょ」と笑ったのですが、どうやらできてしまうケースがあるそうです。正確に言えば、出産後、お腹に新たに妊娠線ができるということはないようです。ただ、妊娠中は細くてほとんど目立たなかった妊娠線が、お腹が小さくなってお腹の皮膚が余った状態になった時、その部分だけ凹んだようにしぼんでしまい、目立っ...

妊娠するという嬉しい出来事の反面、妊婦さんを悩ませてしまう妊娠線。できることならそんな心配をせずに、ストレスフリーで楽な妊婦生活を送りたいものですが、体の仕組みがそれを許してはくれないようです。そもそも、妊娠線がどうしてできるのか、その仕組みをご説明しておきますね。妊娠線ができる仕組み私たちの皮膚は、表皮と呼ばれる皮膚で覆われています。目で見ることのできる皮膚は表皮だけですが、実はその下にも皮膚が...

妊娠線が出来始めるのは、お腹が大きくなり始めるころです。人によって差はありますが、だいたい妊娠6か月から7か月頃からでしょうか。私の場合は少し早くて、妊娠5か月、安定期に入った頃にはお腹が大きくなり始めました。バストや太ももの妊娠線は、体重の増加にともなってサイズアップすることで出来てしまうものなので、体重が増え始める時期が妊娠線のできやすい時期といえますね。妊娠線は真皮の亀裂妊娠線は表面の皮膚の...

妊娠線に気づいた時。それはまだ出来始めて間もないころだと思います。お腹にできる妊娠線は、赤紫でスイカ のような亀裂ですから、ある程度増えるまで全然気づかないということはないでしょう。一度できた妊娠線を消すことはできませんが、増えるのを防ぐことはできます。一本出来たからと言って諦めないで、これ以上増やさないぞ!という気持ちで本格的な妊娠線のケアに取り組んでいきましょう。妊娠線はいつできる?お腹の妊娠...

妊娠線のできる時期は人によって違いますが、「臨月に入って妊娠線を発見した!」という方が多いようですね。なぜ、臨月になって、出産まであともう少しというところで妊娠線ができてしまうのでしょうか?臨月は体重が急激に増えます妊娠線ができるのは、お腹の皮が引っ張られることによるものです。もっと詳しく言えば、表面の皮膚はちゃんと伸びてくれるけど、内側の真皮という皮膚は伸びきれなくて裂けてしまうためです。裂けた...

私にも経験がありますが、妊娠中ってお腹やバストの周りがとても痒くなりますよね。もともとはそんなに乾燥肌ではなかったと思うのですが、顔も体もカサカサとした感触で、妊娠中はずっと肌の変化を感じていました。お腹が大きくなり始めた妊娠5か月の終わり頃からは、今まで使っていたジーンズは完全に入らなくなり、ウエストがゴムでできたジーンズやスカートを愛用していました。このウエストの部分が痒くて仕方なかった時期が...

妊娠中は胎盤を通じて赤ちゃんに栄養が送られます。胎盤で送られる栄養とは、私たちが口にした食べ物から摂られる栄養のことです。ですから、お腹に塗ったクリームが赤ちゃんに影響するということはほとんどありませんが、塗り薬の中には含まれる成分に、お腹のハリを促す成分や皮膚を通して赤ちゃんに届いてしまうかもしれない成分もあります。例えば、アキュテイン、トレチノイン、ハイドロキノン、パラベンなどの成分は妊娠中に...

妊娠線ができる時に痛みを感じることはほとんどないと言われています。ただ、妊娠線ができたという人の中には、できる前にチリチリとした痛みを感じたという人もいるようですから、絶対に痛みが無いとは言い切れないようです。妊娠線は真皮の傷?妊娠線というのは、皮膚の内側の真皮という部分が裂けてしまうためにおこる「傷」です。肌の表面を傷つけたら痛いように、真皮に傷がつくときに、場所によっては神経を刺激して痛みを感...