妊娠線ケアって毎日しないとダメなの?

妊娠線ケアとして妊娠線予防クリームをおなかにぬるのは、毎日では結構面倒だったりしますよね。妊娠線ケアって毎日しないとダメ?と思われる方、安心してください!毎日でなくても大丈夫です。

 

妊娠線予防クリームの目的は保湿

妊娠線予防クリームをおなかに使う大きな目的はおなかの保湿です。たとえば毎日のお顔のスキンケアですが、たまに忘れる日はありませか?

 

飲み会から帰ってきてシートタイプのメイク落としでメイクだけ落として終了という日もたまにはあるでしょう。いつも使っているクリームがなくなってしまって補充もないため、今日はクリームを使わないという日もあるでしょう。でもそれらは、次の日にきちんとケアすると良いことですよね。さすがに1週間まったくスキンケアをしないと乾燥やくすみ、肌荒れなどの原因になって、お肌にはあまり良くないでしょう。

 

そんな感じで、妊娠線予防クリームも、1日や2日塗り忘れた日があっても大丈夫です。1週間全く使わないとなると少々不安ですが、そんなに神経質にならなくても大丈夫です。塗り忘れた日やクリームを塗るのが面倒な日は、少々サボっても全く問題はありません。次の日にたっぷり塗るなどしてやると良いですね。

 

妊娠9ヶ月以降は特に集中ケア

ただし、妊娠9か月以降から予定日までは、おなかが一気に大きくなりますので、なるべくなら毎日忘れずに妊娠線ケアしてください。

 

本当に、毎日お腹がどんどん大きくなるので面白いですが、妊娠期を通じて妊娠線が最も出来やすい期間でもあります。1日忘れただけで妊娠線ができてしまった!という方もいらっしゃいます。あの時塗っていれば!などと思うことは悔しいですよね。臨月になるとお腹が大きくなって塗るのも一苦労だったりしますが、パパに手伝ってもらうと良いでしょう。

 

妊娠線ケアはお風呂上りがおすすめ

妊娠線予防クリームは朝の着替え時とお風呂あがりに塗るなど、習慣化すると良いですね。クリームは手にとってしばらく置き、人肌に温めてから塗ると良いでしょう。特に冬などは、冷たすぎるクリームはお腹が張る原因になるのです。お風呂あがりは手も温かくなっていますので、ちょうど良いですね。

 

また、妊娠線予防クリームでお腹をマッサージしながらぬると、赤ちゃんとのスキンシップにもなって良いでしょう。クリームを塗っている時に赤ちゃんが元気に動くと、とても嬉しくなっちゃいます。

 

しかし特に臨月付近では、お腹をマッサージすることでお腹が張ってしまう原因にもなってしまいますので注意してくださいね。お腹が張った場合はマッサージは即座にマッサージを中止してください。

関連ページ

妊娠線予防はいつからがベスト?
一度出来てしまうと完全には消えないと言われている妊娠線だからこそ、妊娠線を作らせなくすることが大切です。妊娠線予防は、早ければ早い程、良いと言われています。しかし、具体的に一体いつから妊娠線予防をスタートさせるのがベストなのでしょうか?
妊娠線ケアの方法って?
妊娠するとお腹の赤ちゃんが成長するに伴い、お腹は大きくなっていきます。特に臨月を迎えるとお腹は急激に大きくなりますので、妊娠線は出来やすくなります。一度出来てしまうと完全には戻らないと言われる妊娠線は非常に厄介です。だからこそ、妊娠線を作らせなくすることが大切となります。そこで今回は、妊娠線をケアする方法についてご紹介したいと思います。
かゆみが出たら妊娠線の前兆かも!?
妊婦さんのお腹が大きくなると、皮膚が引っ張られて伸びてしまうので、妊娠線が出来てしまうことがあります。たとえまだ出来ていなくても、かゆみを感じることがあれば、それが前兆の可能性があるので気を付けましょう。かゆみがひどくなると、つい掻きむしりたくなってしまいますが、肌の状態が悪くなるので、妊娠線防止のためにもクリームを塗ってケアすることをおすすめします。妊娠線の前兆ともいえるかゆみを感じたときは妊娠線予防クリームを使えば対策出来ます。
妊娠線ケアには体重管理が超重要!
妊娠線ケアにいちばん大切なのは体重管理だと言われていますが、どうしてでしょうか?妊娠線と体重管理の関係について解説していきます!
妊娠線ケアの種類をご紹介!
妊娠線は出来る人と出来ない人がいます。出産後も妊娠線は長く残って目立ってしまいます。できれば妊娠線はできない方が良いですよね。妊娠線予防のケアを怠らなければ、ある程度は予防できるものです。また、妊娠線予防のケアを頑張っていると、もし妊娠線が出来てしまったとしてもあまり重症化はしないと言われています。妊娠線のケアの種類を幾つかご紹介します。
妊娠線の予防は早ければ早いほど良い!
一般的に、妊娠線の予防は早ければ早いほど良い!と言われています。早ければ早いほどって、一体いつ?ということですが、妊娠発覚してすぐ!はちょっと早すぎかなと思います。では、いつから始めれば良いのでしょう?
もう妊娠線は怖くない!?妊娠線の予防法3原則!
今回は、妊娠線の予防方法についてご説明します。妊娠線は妊娠中の急激な体重変化によりお腹や太ももなどの皮膚が急激に引っ張られて裂けてしまうために出来るものです。妊娠線ができてしまうと、しばらくは目立って、その痕はずっと残ってしまいます。できるならば、妊娠線は作らないようにしたいですね。妊娠線を予防するための対策にはどのようなことがあるのでしょうか?
妊娠線予防のためのマッサージ方法♪
妊娠線クリームをただ塗るだけでなく、マッサージをしながら塗っていくと妊娠線の予防効果が高いといわれています。私もインターネットで調べてマッサージしながら塗っていました。あなたにもこの機会にマッサージの方法をお伝えしたいと思います!
妊娠線予防に一番重要なことって何でしょう?
妊娠線は、予防が大切と言われています。では、妊娠線予防に一番重要なことって何でしょう?
妊娠線に効果的!?バイオイルってどんなオイル!?
バイオイルは万能全身オイルとして有名なオイルですね。ピュアセリンオイルという独自のオイルが栄養成分をしっかり包み込んで、角質層の奥まで届けるという独自のシステムで傷やニキビ跡、妊娠線などに効果を発揮してくれます。
妊娠線予防にはクリームとオイルどっちがおすすめ?
クリームとオイルはどっちがいいかと悩む方も多いでしょう。心配な方は両方併用してもかまいません。どちらかをどうしても選択というのであればクリームがおすすめですね。浸透力や保湿力、妊娠線の修復などバランスのいいのがクリームです。