あの人には妊娠線がない!?妊娠線が出来やすい人の4つの特徴!

妊娠線は妊娠によって子宮が大きくなることにお腹の周りの皮膚がうまく対応できなくなり、皮膚に亀裂が生じてしまうことが原因です。いちど妊娠線が出来てしまうと、完全に綺麗になることは大変難しいです。

 

そのため、妊娠線はできるだけ作らないようにするのが良いのです。そんな妊娠線ですが、妊娠線にも出来やすい人と出来にくい人がいるということをご存じでですか?どのような人に妊娠線は出来やすいのでしょうか?

 

乾燥肌さんは妊娠線ができやすい!

まず、乾燥肌さんは妊娠線が出来やすいです。というのも、乾燥肌さんは皮膚がよく伸びないからです。つきたてのお餅は柔らかくてよく伸びますが、日が経つと乾燥してかたくなり、ひび割れなどが起こりますよね。それと同じで、乾燥肌さんはお肌が乾いていてお腹の大きさの変化についていきにくいのです。

 

高齢出産の方が妊娠線はできやすい

同じ理由で若い方よりは高齢出産の方の方が妊娠線は出来やすいです。単に年齢というよりは、お肌年齢といったほうが良いでしょうか。お肌にハリがあり、柔らかくてよく伸びる方は妊娠線が出来にくいのです。

 

体重増加スピードが早い人も妊娠線ができやすい

体重が増えるスピードが早い人も妊娠線が出来やすいです。ここで注意してもらいたいのは全体として何キロ太ったかではありません。妊婦さんの理想的な体重増加は全体で+8キロから10キロと言われています。

 

たとえ10キロ以上増えても、ゆっくりと体重が増えている場合は妊娠線は出来にくいのです。逆に、体重増加を8キロから10キロ以内に抑えたとしても、いちどに急激に体重が増えている場合は、妊娠線が出来やすくなります。目安として1週間で500グラム以上体重が増えている状態が続くと要注意です。

 

ぽっちゃりさんの方が妊娠線はできやすい?

体型はやせ形よりも、じゃっかんぽっちゃり形の人の方が妊娠線は出来やすいです。皮膚の下には皮下細胞がありますが、この皮下細胞も伸びが悪く、お腹が急激に大きくなるとその速さに順応できなくなるからです。皮下脂肪は赤ちゃんを外部刺激から守るクッション的な役割を果たすため、ないよりはあったほうが良いのですが、皮下脂肪がありすぎるというのもちょっと困りますね。

 

また、大柄な方よりは小柄な方のほうが妊娠線は出来やすいです。小柄な方のほうがより、お腹が大きくなるにつれて皮膚が引っ張られるからです。赤ちゃんの大きさは大柄な方も小柄な方もだいたい3000g前後で同じですから、小柄な方のほうがよりお腹は大きくなり、お腹周りの皮膚は引っ張られて妊娠線が出来やすくなります。

 

妊娠線が出来やすい方は、より丁寧に妊娠線ケアを心がけてみてくださいね。妊娠線予防クリームでお腹をしっかり保湿することは妊娠線予防に大変効果的です。

関連ページ

妊娠線の発生メカニズムを理解しよう!
妊娠出産は人生の中でも最も大きなイベントであり、喜びも大きなものとなります。しかし、その重大さとともに体への負担も大きくなるタイミングでもあるのです。出産前後は特に母体への影響も考えて対応したいところです。特にその後も影響が残りやすいのが妊娠線です。お母さんの勲章とも言われますが、できればきれいなお腹で済ませたいものです。妊娠線の発生メカニズムを知り、どのような対処ができるかという事を考えていきましょう。
妊娠線予防で一番重要なポイントは?
妊娠した時に妊娠線ができるのが嫌という人は多いと思います。見た目がだいぶ変わりますし、何だかかゆそうというイメージを持つ人もいるかもしれません。その上、薄くすることはできても完全に消すのは難しいので、できれば避けたいですよね。そんな妊娠線を防ぐのに重要なポイントは保湿をすることです。妊娠線ができる原因には様々ありますが、そこで今回は、妊娠線予防に保湿が重要な理由と保湿する際のポイントについて紹介していきます。
双子ちゃん・三つ子ちゃんは妊娠線ができる危険度MAX!
双子ちゃん・三つ子ちゃんの妊娠では、おなかにいるのが1人だけの時に比べて、妊娠線が出来る割合が格段にアップします。妊娠線ができる危険度もかなり高くなっていまいます!
正中線も妊娠線クリームで消すことができる?
妊娠線の豆知識やその他あれこれについてお答えしていこうとおもいます!
正中線を消すことはできるのでしょうか?
正中線と妊娠線を同じようなものと考えている方がかなり多いのですが、正中線と妊娠線は全く違います。では、正中線は消すことはできないのでしょうか?