妊娠線ケアの種類をご紹介!

妊娠してお腹が大きくなり、お腹が大きくなるスピードにお腹の皮膚がついていかず、皮膚に亀裂が入って出来てしまう妊娠線。妊娠線は出来る人と出来ない人がいます。出産後も妊娠線は長く残って目立ってしまいます。

 

できれば妊娠線はできない方が良いですよね。妊娠線予防のケアを怠らなければ、ある程度は予防できるものです。また、妊娠線予防のケアを頑張っていると、もし妊娠線が出来てしまったとしてもあまり重症化はしないと言われています。

 

妊娠線のケアの種類を幾つかご紹介します。

 

妊娠線予防クリームやオイルを使う

まず誰もが思いつくのは妊娠線予防のクリームやオイルを使う事ではないでしょうか。お腹の皮膚が伸びずに亀裂が入ってしまうのが妊娠線です。クリームやオイルを使うことでお腹の皮膚を保湿して柔らかく保つことが出来ます。

 

妊娠線予防のクリームはお風呂あがりなどにたっぷりお腹に塗って、優しくマッサージしましょう。クリームが冷たいとお腹が張ってしまう原因にもなるため、一度手のひらにクリームを乗せ、手でクリームを包み込んで人肌程度に温めてから使うと良いでしょう。

 

出来れば毎日習慣化することが大切です。マッサージするとフワフワの柔らかいお腹になるのが実感できます。赤ちゃんの胎動を直に感じることもできるので、一石二鳥です。

 

妊娠線予防のクリームやオイル、ジェル、ボディーバターなどは、様々な種類のものが市販されています。目的は、どれも大きくいうとお腹の保湿ケアです。妊娠中に毎日たっぷり使えるように大容量の商品が多いです。使用感も様々です。よく伸びるもの、浸透が良いもの、良い香りのするものなど、自分に合った商品を選んでみてください。サンプルのパウチがある商品もありますので、一度試してみるのも良いですね。

 

腹巻きやガードルも効果的

急にお腹が大きくなると妊娠線が出来やすくなります。お腹をさらしや腹巻き、ガードルなどで固定してお腹を急に大きくしないことも、妊娠線ケアの方法としては有効です。

 

お腹を固定することでお腹を外部の刺激から守り、お腹の保湿効果も期待できます。昔は妊娠5か月目の戌の日におなかにさらしを巻く習慣がありました。今は赤ちゃん用品店やデパートなどに腹巻タイプやガードルタイプのものが販売されています。お腹を固定することで、赤ちゃんが臨月前に下がってくることを防いだりもできます。

 

あまりに固定しすぎて苦しくなるものは、ママにも赤ちゃんにもよくありません。包み込む感があるものが良いですね。

 

妊娠線ケアで、赤ちゃんがいても綺麗で素敵なお腹を維持しましょうね。

 

関連ページ

妊娠線予防はいつからがベスト?
一度出来てしまうと完全には消えないと言われている妊娠線だからこそ、妊娠線を作らせなくすることが大切です。妊娠線予防は、早ければ早い程、良いと言われています。しかし、具体的に一体いつから妊娠線予防をスタートさせるのがベストなのでしょうか?
妊娠線ケアの方法って?
妊娠するとお腹の赤ちゃんが成長するに伴い、お腹は大きくなっていきます。特に臨月を迎えるとお腹は急激に大きくなりますので、妊娠線は出来やすくなります。一度出来てしまうと完全には戻らないと言われる妊娠線は非常に厄介です。だからこそ、妊娠線を作らせなくすることが大切となります。そこで今回は、妊娠線をケアする方法についてご紹介したいと思います。
かゆみが出たら妊娠線の前兆かも!?
妊婦さんのお腹が大きくなると、皮膚が引っ張られて伸びてしまうので、妊娠線が出来てしまうことがあります。たとえまだ出来ていなくても、かゆみを感じることがあれば、それが前兆の可能性があるので気を付けましょう。かゆみがひどくなると、つい掻きむしりたくなってしまいますが、肌の状態が悪くなるので、妊娠線防止のためにもクリームを塗ってケアすることをおすすめします。妊娠線の前兆ともいえるかゆみを感じたときは妊娠線予防クリームを使えば対策出来ます。
妊娠線ケアには体重管理が超重要!
妊娠線ケアにいちばん大切なのは体重管理だと言われていますが、どうしてでしょうか?妊娠線と体重管理の関係について解説していきます!
妊娠線ケアって毎日しないとダメなの?
妊娠線ケアとして妊娠線予防クリームをおなかにぬるのは、毎日では結構面倒だったりしますよね。妊娠線ケアって毎日しないとダメなのでしょうか?
妊娠線の予防は早ければ早いほど良い!
一般的に、妊娠線の予防は早ければ早いほど良い!と言われています。早ければ早いほどって、一体いつ?ということですが、妊娠発覚してすぐ!はちょっと早すぎかなと思います。では、いつから始めれば良いのでしょう?
もう妊娠線は怖くない!?妊娠線の予防法3原則!
今回は、妊娠線の予防方法についてご説明します。妊娠線は妊娠中の急激な体重変化によりお腹や太ももなどの皮膚が急激に引っ張られて裂けてしまうために出来るものです。妊娠線ができてしまうと、しばらくは目立って、その痕はずっと残ってしまいます。できるならば、妊娠線は作らないようにしたいですね。妊娠線を予防するための対策にはどのようなことがあるのでしょうか?
妊娠線予防のためのマッサージ方法♪
妊娠線クリームをただ塗るだけでなく、マッサージをしながら塗っていくと妊娠線の予防効果が高いといわれています。私もインターネットで調べてマッサージしながら塗っていました。あなたにもこの機会にマッサージの方法をお伝えしたいと思います!
妊娠線予防に一番重要なことって何でしょう?
妊娠線は、予防が大切と言われています。では、妊娠線予防に一番重要なことって何でしょう?
妊娠線に効果的!?バイオイルってどんなオイル!?
バイオイルは万能全身オイルとして有名なオイルですね。ピュアセリンオイルという独自のオイルが栄養成分をしっかり包み込んで、角質層の奥まで届けるという独自のシステムで傷やニキビ跡、妊娠線などに効果を発揮してくれます。
妊娠線予防にはクリームとオイルどっちがおすすめ?
クリームとオイルはどっちがいいかと悩む方も多いでしょう。心配な方は両方併用してもかまいません。どちらかをどうしても選択というのであればクリームがおすすめですね。浸透力や保湿力、妊娠線の修復などバランスのいいのがクリームです。