妊娠線の予防は早ければ早いほど良い!

一般的に、妊娠線の予防は早ければ早いほど良い!と言われています。早ければ早いほどって、一体いつ?ということですが、妊娠発覚してすぐ!はちょっと早すぎかなと思います。妊娠発覚後につわりが始まりますし、つわりがひどい方は妊娠線予防などと言っている余裕はないでしょう。

 

大体早い方でつわりが落ち着いた3ヶ月~4ヶ月ぐらいで妊娠線予防を意識し始めるようです。

 

妊娠線の予防にはどんなものがあるの?

早ければ早いほど良いと言われる妊娠線の予防とは、どのようなものがあるのでしょうか。妊娠線の予防というと多くの方は妊娠線予防のクリームを思い浮かべると思いますが、妊娠線予防のクリームを使うのは、妊娠中期の5ヶ月~6ヶ月からかなといった感じです。

 

お腹がちょっと出てきたかな、という時期です。実際5ヶ月~6ヶ月ぐらいで妊娠線予防のクリームを使い始める方が多いです。3ヶ月~4ヶ月ではまだおなかはぺちゃんこなので、クリームを使うにはちょっと早いかなと思います。

 

もちろん、早くからの保湿対策で悪いことはありませんので、早くからクリームを使っても大丈夫です。また、第2子以降の妊娠の場合はおなかが大きくなり始めるのが早い傾向にありますので、早くから妊娠線予防クリームを使うことをおすすめします。時期でいうと、冬は特に乾燥しやすい季節なので、冬に妊娠3ヶ月~4ヶ月を迎える方も早くから妊娠線予防クリームを使ってみてください。妊娠期は肌が乾燥しがちです。お腹がかゆくなってしまうという方は、早くから妊娠線予防クリームを使ってお腹を保湿してあげてください。

 

妊娠線予防には体重管理も重要

妊娠線予防クリーム以外で早ければ早いほど良い妊娠線の予防としておすすめなのは、上手な体重管理です。実は妊娠線は急激な体重増加が原因の1つとしてあげられています。急激な体重増加によりお腹や太ももなどの皮膚が急激に伸びてしまうと妊娠線が出来てしまいます。急激な体重増加を防ぐためには、栄養バランスの良い和食中心の食事を心がけることが大切です。妊娠期はママの食事の内容がそのままダイレクトに赤ちゃんに伝わります。その面からいっても、バランスの良い食事はとても効果があります。食べ過ぎにも注意しましょう。

 

妊娠中の体重の増加は、元の体重+8キロから10キロが理想的だと言われています。体重が増えすぎると、妊娠線が出来ることもありますが、出産時に赤ちゃんが産道を通り抜けにくく難産になりがちです。早いうちから、妊娠中の体重コントロールを心がけましょう。

関連ページ

妊娠線予防はいつからがベスト?
一度出来てしまうと完全には消えないと言われている妊娠線だからこそ、妊娠線を作らせなくすることが大切です。妊娠線予防は、早ければ早い程、良いと言われています。しかし、具体的に一体いつから妊娠線予防をスタートさせるのがベストなのでしょうか?
妊娠線ケアの方法って?
妊娠するとお腹の赤ちゃんが成長するに伴い、お腹は大きくなっていきます。特に臨月を迎えるとお腹は急激に大きくなりますので、妊娠線は出来やすくなります。一度出来てしまうと完全には戻らないと言われる妊娠線は非常に厄介です。だからこそ、妊娠線を作らせなくすることが大切となります。そこで今回は、妊娠線をケアする方法についてご紹介したいと思います。
かゆみが出たら妊娠線の前兆かも!?
妊婦さんのお腹が大きくなると、皮膚が引っ張られて伸びてしまうので、妊娠線が出来てしまうことがあります。たとえまだ出来ていなくても、かゆみを感じることがあれば、それが前兆の可能性があるので気を付けましょう。かゆみがひどくなると、つい掻きむしりたくなってしまいますが、肌の状態が悪くなるので、妊娠線防止のためにもクリームを塗ってケアすることをおすすめします。妊娠線の前兆ともいえるかゆみを感じたときは妊娠線予防クリームを使えば対策出来ます。
妊娠線ケアには体重管理が超重要!
妊娠線ケアにいちばん大切なのは体重管理だと言われていますが、どうしてでしょうか?妊娠線と体重管理の関係について解説していきます!
妊娠線ケアの種類をご紹介!
妊娠線は出来る人と出来ない人がいます。出産後も妊娠線は長く残って目立ってしまいます。できれば妊娠線はできない方が良いですよね。妊娠線予防のケアを怠らなければ、ある程度は予防できるものです。また、妊娠線予防のケアを頑張っていると、もし妊娠線が出来てしまったとしてもあまり重症化はしないと言われています。妊娠線のケアの種類を幾つかご紹介します。
妊娠線ケアって毎日しないとダメなの?
妊娠線ケアとして妊娠線予防クリームをおなかにぬるのは、毎日では結構面倒だったりしますよね。妊娠線ケアって毎日しないとダメなのでしょうか?
もう妊娠線は怖くない!?妊娠線の予防法3原則!
今回は、妊娠線の予防方法についてご説明します。妊娠線は妊娠中の急激な体重変化によりお腹や太ももなどの皮膚が急激に引っ張られて裂けてしまうために出来るものです。妊娠線ができてしまうと、しばらくは目立って、その痕はずっと残ってしまいます。できるならば、妊娠線は作らないようにしたいですね。妊娠線を予防するための対策にはどのようなことがあるのでしょうか?
妊娠線予防のためのマッサージ方法♪
妊娠線クリームをただ塗るだけでなく、マッサージをしながら塗っていくと妊娠線の予防効果が高いといわれています。私もインターネットで調べてマッサージしながら塗っていました。あなたにもこの機会にマッサージの方法をお伝えしたいと思います!
妊娠線予防に一番重要なことって何でしょう?
妊娠線は、予防が大切と言われています。では、妊娠線予防に一番重要なことって何でしょう?
妊娠線に効果的!?バイオイルってどんなオイル!?
バイオイルは万能全身オイルとして有名なオイルですね。ピュアセリンオイルという独自のオイルが栄養成分をしっかり包み込んで、角質層の奥まで届けるという独自のシステムで傷やニキビ跡、妊娠線などに効果を発揮してくれます。
妊娠線予防にはクリームとオイルどっちがおすすめ?
クリームとオイルはどっちがいいかと悩む方も多いでしょう。心配な方は両方併用してもかまいません。どちらかをどうしても選択というのであればクリームがおすすめですね。浸透力や保湿力、妊娠線の修復などバランスのいいのがクリームです。