妊娠線あれこれ記事一覧

妊娠出産は人生の中でも最も大きなイベントであり、喜びも大きなものとなります。しかし、その重大さとともに体への負担も大きくなるタイミングでもあるのです。出産前後は特に母体への影響も考えて対応したいところです。特にその後も影響が残りやすいのが妊娠線です。お母さんの勲章とも言われますが、できればきれいなお腹で済ませたいものです。妊娠線の発生メカニズムを知り、どのような対処ができるかという事を考えていきま...

妊娠した時に妊娠線ができるのが嫌という人は多いと思います。見た目がだいぶ変わりますし、何だかかゆそうというイメージを持つ人もいるかもしれません。その上、薄くすることはできても完全に消すのは難しいので、できれば避けたいですよね。そんな妊娠線を防ぐのに重要なポイントは保湿をすることです。妊娠線ができる原因には様々ありますが、そこで今回は、妊娠線予防に保湿が重要な理由と保湿する際のポイントについて紹介し...

妊娠線は妊娠によって子宮が大きくなることにお腹の周りの皮膚がうまく対応できなくなり、皮膚に亀裂が生じてしまうことが原因です。いちど妊娠線が出来てしまうと、完全に綺麗になることは大変難しいです。そのため、妊娠線はできるだけ作らないようにするのが良いのです。そんな妊娠線ですが、妊娠線にも出来やすい人と出来にくい人がいるということをご存じでですか?どのような人に妊娠線は出来やすいのでしょうか?乾燥肌さん...

双子ちゃん・三つ子ちゃんの妊娠では、おなかにいるのが1人だけの時に比べて、妊娠線が出来る割合が格段にアップします。妊娠線ができる危険度もかなり高いです。というのも、双子ちゃん・三つ子ちゃんの場合、お腹の大きさが単胎に比べて全然違うのです。お腹にはいっている人数が通常の2倍、3倍になりますので、お腹が大きくなることは容易に想像できますね。特に初めての妊娠の場合、赤ちゃんが1人だけのときは臨月までお腹...

正中線という言葉を聞いたことはあるでしょうか。妊娠が進むにつれて、下腹部からみぞおちのあたりまでまっすぐな線が現れる人がいます。この線を「正中線」と呼んでいます。私もばっちり正中線ができました。妊娠7か月頃にはっきりと目立つようになりました。この正中線、看護師さんに相談したところ、妊娠線とはまったく違うものだそうです。正中線はどうしてできるの?私たちの体が母親のお腹の中で作られて成長する過程で、細...

妊娠中の正中線と妊娠線はまったく違うものです。結論から言うと、レーザー治療などで消すことはできますが、妊娠線クリームで予防できるものではありません。そもそも、妊娠線とはできる仕組みもできる部分も違います。正中線は人間には誰にでもあるものです。人間が左右対称に作られているのは、受精卵の分裂が左右対称に行われてきたから、というお話を聞かれたことはありませんか?正中線は、細胞分裂からの名残のラインなので...