妊娠線クリームどうやって選ぶ?

妊娠線を予防するクリームはたくさんの種類が売られていて、どれを選べばよいのか迷うところです。当然ですが、人の体の状態は個人個人に差があって、あの人に効いたから私にも効く!という万能の商品はありませんが、妊娠線予防のためには、皮膚に潤いを与え、肌を柔らかくする効果の高いものをしっかりとチェックして選びましょう。

 

低刺激かどうか?

妊娠線クリームの選び方ですが、最初に考えたいのは、「低刺激であるか」ということです。妊娠中は肌がとても敏感な状態になってしまいます。私も妊娠中はいつも使っている化粧品が合わなくなり、肌荒れした経験があります。ですから、無香料で低刺激のクリームがおすすめです。

 

保湿力は重心する必要があります

次に、保湿力を重視しましょう。保湿力を持たせるために配合されている成分には色々あるみたいですが、各社の商品を保湿成分で比較して選んでみたら良いと思います。さらに、コラーゲンやヒアルロン酸などといった、化粧品にも含まれることのある、美容効果の高い成分が入っていると効果的ですね。

 

価格は高い方が良いの?

他に、私が痛感したのが「価格」です。初めて購入した妊娠線クリームは、私が普段使っている化粧品と比べるとちょっと高めの価格でした。高いものだったら効果があるだろうと、奮発したのですが、2本目あたりから価格が負担になり、3本目を購入することはありませんでした。

 

とはいえ、すぐに同じような成分で低価格のクリームを見つけられたので、妊娠線のためのケアは続けていけましたが、最初から続けられる価格のクリームを選んだ方が良かったなと思ったものです。これは顔に使う化粧品でも同じことがいえますね。
価格が高いクリームには、確かに効果のありそうな成分が贅沢に入っています。でも、値段が負担になって続かないのでは意味がないので、低価格でもいいものを探す努力をしないといけないですね。特に、妊娠後期になるとお腹も大きくなり、ケアをする範囲が広くなってきて、一本を使い切るスピードがとても速くなります。家計の負担になってもいけませんから、価格は手ごろなものを選んでおきましょう。

 

保湿クリームよりも妊娠専用クリーム

今まで使っていたボディ用の保湿クリームでも、妊娠初期なら使い続けることはできます。でも、最初にお話ししたように、肌に合わない可能性もありますから、使用には慎重になった方が良いと思います。妊娠線クリームには、肌の表面だけでなく、肌の奥まで浸透する成分が含まれていることが多いので、やはり専用のクリームを選ぶことをお勧めしたいです。

関連ページ

普通の保湿クリームじゃダメ?妊娠線クリームって何が違うの?
妊娠線の予防は、通常の保湿クリームで代用できるのではないか?とふと思うことはありませんか?通常の保湿クリームもお肌の乾燥を防ぐために使いますよね。妊娠線予防のクリームと普通の保湿クリームでの違いは何でしょうか?
妊娠線予防には「クリーム」VS「オイル」どっちが効果が高い?
妊娠線のケアとしてクリームやオイルなど、様々な商品が市販されています。何を選んだら良いのか分からない方むけに、クリームとオイルではどちらが総合的におすすめなのか、調べてみました。
妊娠線予防クリームで妊娠線を防ごう!
妊娠線は作らないことが大切です!妊娠線の予防には、妊娠線予防クリームで予防するのが一番おすすめです!
妊娠線予防クリームとオイルはどっちがおすすめ?
妊娠線は出来てしまってからは一生消えないと言っても過言ではありません。そこで妊娠線予防クリームというものがおすすめです。ケアをする事で妊娠線ができるのを防ぐことができますし、自宅で自分で対策できるアイテムです。使ったからと言って必ずしも妊娠線が出ないという保証はありませんが、ケアをしてないよりは少なく抑えられるのは確かです。妊娠線予防クリームにはクリーム状のものとオイル状のものがありそれぞれにメリットとデメリットがあるため自分に合うものを使うと良いでしょう。
妊娠線予防にはオイルよりクリームを選ぶという賢い選択!
妊娠線を防ぐための商品として、妊娠線クリームが一般的ですが、中にはオイルタイプのものやローションタイプのものも販売されています。私個人としてはクリームをお勧めしますが、その理由については後ほど詳しくお話ししますね。
ニベアの青缶で妊娠線予防?効果はあるのでしょうか?
小さい頃から保湿といえば「ニベアの青缶」を使っていました。CMでも目にするように、母がほっぺや体に塗ってくれていました。そんな、保湿力にすぐれたニベアは妊娠線予防にも効果が期待できるのでしょうか?