保湿により妊娠線を薄くする方法!

出産に伴って妊娠線ができてしまって悩んでいる人は、かなり多くいらっしゃいます。

 

一度できてしまった妊娠線消すことは難しいですが、ケア次第では限りなく薄くすることは可能なのです。大きくなるお腹に対して皮膚が伸びていくのですが、皮膚の伸びが追い付かなくて妊娠線が現れてしまいます。

 

ここでこまめに保湿ケアを行っていると妊娠線の予防になりますが、予想以上に赤ちゃんが大きく成長したために、ケアを行っていたにもかかわらずできてしまったということも有り得ます。妊娠線は最初は赤く見るからに痛々しいのですが、実際あるのは痒みです。

 

妊娠線は何で痒くなるの?

妊娠線による痒みは、皮膚が少しずつ裂けている証拠なのです。産後1年ほどで赤みはなくなり、白く皮膚の色が抜けたような見た目になります。

 

この赤みが引いた状態で使い始めたいのが妊娠線クリームです。

 

このクリームは妊娠線予防のものとは違い、保湿はもちろんのことピーリング効果があるものが多いです。
優しいクリームタイプのピーリングなので、産後敏感な肌への負担も少なくて済みます。
ピーリングには肌のターンオーバーを促す効果があるので、妊娠線のできてしまった皮膚を新しい皮膚に導くことができます。

 

一度できてしまった妊娠線を薄くすることは多くの時間と気力が必要ですが、元の綺麗な体に少しでも近づけるためにこまめな努力を積み重ねていきましょう。

 

関連ページ

妊娠線対策には体重管理が重要!?
一度出来たら完全には消えないと言われている妊娠線はとにかく作らせない事が重要です。数ある妊娠線対策の中で、最も重要であると言われているのが体重管理です。しかし、それは一体なぜなのでしょうか?そこで今回は、妊娠線対策に必須と言われる体重管理について、ご紹介したいと思います。
できた妊娠線はしっかりケア!
妊娠線ができてしまったと、諦めて妊娠線ケアをやめてしまう方が多くいらっしゃいます。これはもったいないですからね!できてしまった妊娠線ケアについてご紹介します!
妊娠線はママとして頑張った証!
妊娠線ができてしまってかなり落ち込んでいました!でも妊娠線はママとして頑張った証と思うようにしたら、だいぶ気がラクになりました!
できてしまった妊娠線は消せる?どうすれば良いのでしょう?
一度できてしまった妊娠線。消すことはできるのでしょうか?できてしまった妊娠線ケアについて解説していきますね!
レーザーで妊娠線は消える?
妊娠線は出産後も自然に消えることはありません。どうしても気になって絶対に消したい!という場合には、レーザー治療を行うことで、妊娠線を消すことはできるのでしょうか?