妊娠線予防には「クリーム」VS「オイル」どっちが効果が高い?

妊娠線のケアとしてクリームやオイルなど、様々な商品が市販されています。何を選んだら良いのか分からない方むけに、クリームとオイルではどちらが総合的におすすめなのか、調べてみました。

 

クリームは妊娠線ケアの方法としては最も有名です。大容量で売られている商品も多く、コスパが良いです。また、商品の種類も多いため、自分に合った使用感や香りのクリームを選ぶこともできます。クリームの中でもよりオイルに近いものや、さらさらの乳液状のものなど、使用感はクリームによって様々です。よりオイルに近いタイプのもののほうが保湿力は上がります。また、乳液に近いタイプのもののほうがお腹への水分の浸透力はアップします。

 

お腹全体をマッサージするなら?

クリームはオイルに比べて伸びが良く、お腹全体に塗りやすいため、たっぷり使ってお腹全体をマッサージしたいときなどにはクリームがおすすめです。また、様々な香りがついたクリームもあり、クリームを使うことで癒し効果も期待できます。

 

保湿力で選ぶなら?

オイルはクリームに比べると保湿効果は格段に高いです。クリームが油分と水分の両方を補うのに対して、オイルは純粋に油分のみを与えます。

 

そのため、塗った後は若干ベタつきを感じることがあるかもしれません。オイルを塗った後すぐに洋服を着たりすると、オイルの成分が洋服についてしまうこともあります。オイルを使う場合には、使った後しばらく腹巻などを巻いておくと良いでしょう。そうすることで成分の浸透力も高まります。オイルには独特の匂いがあるものもあり、それが苦手だという方もいます。

 

クリームとオイルの違いは?

クリームとオイルのいちばんの違いは、その働きの違いではないかと思います。

 

お腹の皮膚にフタをして水分を外に逃がさないのがオイル、お腹に水分を浸透させて潤いを蓄えさせるのがクリームです。毎日の顔のスキンケアと同じ要領ですね。

 

それぞれは好き嫌いがありますので、自分の好きな方を選べばよいのです。どちらにしようか迷っている場合、どちらがおすすめかといわれるとクリームタイプだといえます。

 

お腹に水分を浸透させることでお腹の皮膚もふんわり柔らかくなりますし、そうするとお腹が急に大きくなってもしっかり皮膚がその大きくなるスピードについていけるので、より妊娠線は出来にくくなります。

 

オイルタイプは保湿力はクリームの上をいきますが、その保湿力を維持するためには、常におなかにオイルを塗っておく必要があるのです。

 

一番強力な方法は、オイルもクリームもどっちも塗るという方法です。コストはかかりますが、絶対に妊娠線を作りたくないという方は、両方あわせて使うことをおすすめします!

 

 

関連ページ

妊娠線クリームどうやって選ぶ?
妊娠線を予防するクリームはたくさんの種類が売られていて、どれを選べばよいのか迷うところです。当然ですが、人の体の状態は個人個人に差があって、あの人に効いたから私にも効く!という万能の商品はありません。では、どのように妊娠線クリームを選べば良いのでしょう?
普通の保湿クリームじゃダメ?妊娠線クリームって何が違うの?
妊娠線の予防は、通常の保湿クリームで代用できるのではないか?とふと思うことはありませんか?通常の保湿クリームもお肌の乾燥を防ぐために使いますよね。妊娠線予防のクリームと普通の保湿クリームでの違いは何でしょうか?
妊娠線予防クリームで妊娠線を防ごう!
妊娠線は作らないことが大切です!妊娠線の予防には、妊娠線予防クリームで予防するのが一番おすすめです!
妊娠線予防クリームとオイルはどっちがおすすめ?
妊娠線は出来てしまってからは一生消えないと言っても過言ではありません。そこで妊娠線予防クリームというものがおすすめです。ケアをする事で妊娠線ができるのを防ぐことができますし、自宅で自分で対策できるアイテムです。使ったからと言って必ずしも妊娠線が出ないという保証はありませんが、ケアをしてないよりは少なく抑えられるのは確かです。妊娠線予防クリームにはクリーム状のものとオイル状のものがありそれぞれにメリットとデメリットがあるため自分に合うものを使うと良いでしょう。
妊娠線予防にはオイルよりクリームを選ぶという賢い選択!
妊娠線を防ぐための商品として、妊娠線クリームが一般的ですが、中にはオイルタイプのものやローションタイプのものも販売されています。私個人としてはクリームをお勧めしますが、その理由については後ほど詳しくお話ししますね。
ニベアの青缶で妊娠線予防?効果はあるのでしょうか?
小さい頃から保湿といえば「ニベアの青缶」を使っていました。CMでも目にするように、母がほっぺや体に塗ってくれていました。そんな、保湿力にすぐれたニベアは妊娠線予防にも効果が期待できるのでしょうか?